2012年11月アーカイブ


11月5日(月曜)。ついに。

ご挨拶。
笑顔爽やか。

月組次回作品にふれ
「日本人からフランス人に」
あすりおさんの輪廻転生?

ところで
初日模様と比べて見ると
紹介シーンがずいぶん違いますが
本日ではビリヤード室のシーンも。

しかし、
初日模様の方が、学帽あり。

「春の雪」のプログラム

【カテゴリ】宝塚
|

帰ってきて、
つくづく眺めたプログラム。
表紙はポスターと同じですが、
開けば、絶句の世界。
保存用にもう1冊買えばよかったかも。

物語解説頁の写真も、凛々しい。

それに青年館だから
バウ公演時の写真もあるし。。。

。。。で、ですが
注目したいのは、裏表紙の写真。

もちろん詰め襟、
右膝はたてて、左膝はついて
右腕は右足の上、
伸ばした左手には日本刀。

抜いてはいません。鞘におさめて
しっかと握っています。

背景は、夜。
足下は、暗い水面のイメージ。
そして、さらに眉きりりの、あすりおさんの背後には巨大な月。

これは何を意味するのか?

「春の雪」舞台後に

【カテゴリ】宝塚
|

なんとラッキー。
ミニ・トークショー。
(チケットをとってから知った)

20分程度でしたが
舞台下手から
珠城りょうさん(司会役)
少し間をとって
咲妃みゆさん。
明日海りおさん。
宇月颯さん。
鳳月杏さん。

本多らしくない司会。。。
それもまた楽し。

ひとつだけ。
あすりおさんの、萠ポイント。

舞台お稽古中に見た、巻かれる本多。

舞台では鎖で巻かれる。赤い布で巻かれる本多。
お稽古では、プレゼントに見えたらしいです。

なお、このときトシさんと鳳月杏さんだと思うのですが
巻かれて、しかも「連れて行かれるんだよね」とか
おっしゃっていたのが聞こえて可笑しかった。

(わたしも2回目の赤いのはさすがに。。。。)


日本青年館、
席は前の方ではありませんでしたが、センター。
オペラの中の、正面きめた、みりおくんは、眩しかった。
これにつきます。


神田明神

【カテゴリ】日々
|
1102kanda.jpg

朝は神田明神。

なぜか上空、
飛行機が続く。

ちょっとわかりにくいですが
画面左の方。

月と木星

【カテゴリ】営業
|
1101moonand.jpg

11月1日。
お茶の水から神楽坂。
某社久々の訪問後、
飲み会。
23時半頃の夜空。

東京駅は
ゆっくり見てる時間なし。
帰りも(笑)。

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  

たくさんのふしぎ傑作集「トイレのおかげ」 森枝雄司写真・文 /はらさんぺい絵 福音館書店 定価1365円(本体1300円)

Powered by Movable Type 4.27-ja

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のコメント

Sanpei on 壮さん文四郎、全ツーへ: やったー、ですね。
Fちん on 壮さん文四郎、全ツーへ: 「大」好評てとこが、
Sanpei on 神田明神: どうもありがとうご
りここ on 神田明神: さんぺいさま お誕生
Sanpei on スカステニュース 「春の雪」千秋楽模様: おめでとうございま
りここ on スカステニュース 「春の雪」千秋楽模様: ついに入りました。
りここ on 壮さん、トップ発表: 琥珀。。。とれなかっ
sanpei on 壮さん、トップ発表: 「琥珀」も行きます。
りここ on 壮さん、トップ発表: そうか!じゃあお似合
sanpei on 壮さん、トップ発表: ご無沙汰です。 壮さ