2012年9月アーカイブ

星組全国ツアー 名古屋観劇

【カテゴリ】宝塚
|

「琥珀色の雨にぬれて」「Celebrity」
日本特殊陶業市民会館フォレストホールで
パワーをいただく。

「琥珀色の雨にぬれて」はひたすらオペラでガン見。
れおんさんの主題歌が聴けてよかった。
まさこさんとの掛け合いが見れてよかった。
ねねさんのシャロンがひたすらよかった。

「Celebrity」は
最初から客席降りで全開。
でもって黒燕尾サイコー。
リズムと、れおんさんの黒燕尾だけで、
さらにメーターがあがっていくのがわかる。

結論。
一ヶ月に1回は黒燕尾を見るべし。

久しぶりの生の舞台で
オペラは、それこそもーチェックチェック
あっちこっち大変でしたが
(両目に跡がついたかも)
ついつい或いはじっといってしまうのが
てんてんさんでした。

心残りは
11時の部で、出待ちできず。。。。

シャンタラム

【カテゴリ】日々
|
読了。

購入したのは8月21日。
名古屋高島屋は三省堂書店にて、
目当ての本を買う前に、
文庫のコーナー眺めていたら、
色とりどりのカバーデザインの、
その延々と続く山の中、
他書とは画する急激な落差、
窪地になっている箇所がある。
しかも横並びで3冊分。
見れば「シャンタラム」のタイトル。
上中下巻。


  2週間のバンコク滞在の後
  わたし(さんぺい。当時このペンネームはまだなかった)が
  空路
  ボンベイに着いたのは1978年1月19日。
  宿は、安いサルベーションアーミーもYMCAも満杯、
  で、仕方なく、高めながらレックスホテルに。
  空港で知り合った日本人と相部屋で
  一人一晩25ルピー。
  1週間後、船でゴアに向かう。
  次にボンベイに入ったのが、
  アウランガバードから列車で、
  同年10月26日。


オーストラリア生まれの著者が
脱獄したのが1980年。
ボンベイに渡ったのが1982年。
そしてボンベイにダイブ。
上巻カバー袖の著者紹介を見て、
これは買うしかない、読むしかないと。


準備

【カテゴリ】宝塚
|

9月4日
スカステニュース
星組全国ツアー公演稽古場レポート。
画面向かって左から
天寿光希さん、花愛瑞穂さん、柚希礼音さん、スカイ・レポーターズ鶴美 舞夕さん

9月6日
スカステニュース
星組全国ツアー公演 稽古場模様。

9月10日
スカステニュース
星組全国ツアー公演 初日(8日グリーンホール相模大野)模様。

9月8日ほか(見たのは9日)
スカステ NOW ON STAGE。
画面向かって左から
音波みのりさん、十輝いりすさん、柚希礼音さん、夢咲ねねさん、壱城あずささん。

万端。

五周年

【カテゴリ】日々
|

6年目へ。

ここまでやってこれたのも皆さまのおかげ。
毎年同じ口上ですが
厚く厚くお礼申し上げます。

最近
まったく前情報なしに
本屋さんで、
ある本を見つけまして
まだ読み終わっていないのですけれど
宝塚に出会う以前の記憶の地層を刺激されてまして、
これは何かの予兆かも。

とはいえ
草刈りと198、です。

恒例、最近の天気の記録。
日中降らずに、夜、けっこうな量の雨続く。雷も。
15時頃からアフターバーナー効かしたみたいに暑くなるのは例年通り。

このアーカイブについて

このページには、2012年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年8月です。

次のアーカイブは2012年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  

たくさんのふしぎ傑作集「トイレのおかげ」 森枝雄司写真・文 /はらさんぺい絵 福音館書店 定価1365円(本体1300円)

Powered by Movable Type 4.27-ja

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のコメント

Sanpei on 壮さん文四郎、全ツーへ: やったー、ですね。
Fちん on 壮さん文四郎、全ツーへ: 「大」好評てとこが、
Sanpei on 神田明神: どうもありがとうご
りここ on 神田明神: さんぺいさま お誕生
Sanpei on スカステニュース 「春の雪」千秋楽模様: おめでとうございま
りここ on スカステニュース 「春の雪」千秋楽模様: ついに入りました。
りここ on 壮さん、トップ発表: 琥珀。。。とれなかっ
sanpei on 壮さん、トップ発表: 「琥珀」も行きます。
りここ on 壮さん、トップ発表: そうか!じゃあお似合
sanpei on 壮さん、トップ発表: ご無沙汰です。 壮さ