2008年6月アーカイブ

いよいよ「殉情」その3

【カテゴリ】宝塚
|
スカステで初日(28日)模様。

ちぎさん、佐助だー。

利太郎@スッシーさん、
やはりとびはねてました。

ホントに、いよいよ。


話は違いますが

【カテゴリ】宝塚
|
スカイフェアリーズ反省会月組編で
話を聞く側に組長出雲綾さんと越乃リュウさん。

リュウさん、ミーマイ執事役で感心しましたが、
ステージ以外でも貫禄。かっこいい。さすが次期組長。


いよいよ「殉情」その2

【カテゴリ】宝塚
|
水木のスカステニュース録画を見れば
「殉情」お稽古場模様が。

ついに利太郎@スッシーさんの姿。
ぴょんぴょん跳びはねてました。

しなさん、退団

【カテゴリ】宝塚
|
帰りの新幹線の中で
モバイルタカラヅカメール。

えー、としかいいようがない。

飯田橋

【カテゴリ】営業
|
ようやく終了。
一度チェックインするも顔洗ってすぐ「次へ」。
本日はご担当者様総あたり、4ラウンド。
うち2回はクライアント様先で打ちあわせ。
はじまって以来かも。

最後は、そのうち3名様と飲む。

7月6日まで持つのだろうか。

次回出張予定

【カテゴリ】営業
|
東京。6月25日(水)。・・・明後日です。

スカステニュース土日は総集編といいながらNEW!も。
(しばらく気がつかなかった)。

これは、放送あり、とチェックしたらやはり。
ワイルドホーンさんの囲みもあり。

楽しみ。
ブログの評判もよさそうだし。

れおんくん、ますます。

いよいよ「殉情」

【カテゴリ】宝塚
|
スカステニュースでお稽古場模様。
気になるスッシーさんの姿は見えず。

先行して
ぶんちゃんぐんちゃん(絵麻緒ゆうさん、月影瞳さん)
の「殉情」トークも。

やはりかなり「暴走」だったらしい。
くるりとまわって、また戻ってくるというのは覚えがあるような。

強烈でした。利太郎@千珠晄さん。
なんというか、こう蛇のように畳をはってそのまま柱を駆け上っていくような
くにゃくにゃとした迫力。
出てきただけで客席がわいて、目の動きだけで爆笑。

再演時の利太郎は箙かおるさん。
スッシーさん、どういう利太郎つくりますか。

実は
「BOXMAN」での切れっぷりみた時、
ああ、利太郎の霊が、と思い
以来スッシーさんの利太郎見てみたいと
期待していたのです。

00年 月組「ゼンダ城の虜」

【カテゴリ】宝塚
|
なんか未沙のえるさんの武器(鎖?)かわいらしい。

香寿さん、むちゃくちゃ悪。
腕っぷしは真琴つばささんより強そう。

未沙のえるさんをのぞいて
忠臣たちがまとめて、という感じなのが
少し残念。

ちょっとモジュール化かな、木村信司脚本。

98年の「凍てついた明日」

【カテゴリ】宝塚
|

深夜、宿で、ボニー&クライド。

小川町へ

【カテゴリ】営業, 日々
|
kanda0619.jpg飯田橋からは乗り換えがあるが
淡路町駅でもあり、東京駅には2駅。

駅すぐ近くの宿。

打ち合わせが早く終わったら、ひとりでちょいとM。
と思っていたが、作業してたらいつの間にか5時すぎ。
Mは5時過ぎるととんでもない混みようになるのでパス。



香寿さん祭り

【カテゴリ】宝塚
|
いえ、個人的なことで、しかも、これからという話です。

先日、スカステの「凍てついた明日(98年)」録画。

次回出張予定

【カテゴリ】営業
| | コメント(2)

東京。6月19日(木)。

スカステ Memories of 出雲綾さん

【カテゴリ】宝塚
|
そうそう
洲悠花さん、花愛望都さんと三人で
「ジーザス・ディアマンテ」。
星組は歌を聴かせる娘役さんが多かった。
と、完全に懐かしモードです。

スカステ 「二人だけの戦場」

【カテゴリ】宝塚
|
94年雪組。バウ作品。わたしが見たのは日本青年館。
作・演出正塚晴彦。名作。

Theatre198サーバ移転

【カテゴリ】菜人
|
久しくほったらかしでありましたTheatre198
ようやく手を入れました。
まずはサーバ移転から。

変更情報が反映するまで1日、2日かかると思ってましたが
あっさり1時間後くらいには、新しいサーバで更新できるようになりました。

いろいろあって移転のタイミングをみていたのですが、
ひと段落。

思えばこの懸案、去年の春に・・・(以下長くなるので省略)

スカステ 「サマルカンドの赤いばら」

【カテゴリ】宝塚
|

87年雪組公演。

初めて大劇場で見た作品。
改めて神奈さんの歌声に聞き入る。


春の公演で、73期生のロケットも。
やはり天海祐希さん、姿月あさとさん目立ちます。
当時のわたくしには全然、わかりませんでしたが。

スカステ 北翔海莉さんと藤山直美さん

【カテゴリ】宝塚
|

今月のスカステは注目(わたし的に)番組多く
そのひとつめ。スカイステージトーク#56。

北翔さんのリクエスト、と聞いて、やはり、なんて思ってましたが
全編、笑いかというと、それはあまりに短絡的。少し違いました。

ストレートな演劇論、いや、舞台論、いや藤山さんのアドバイス。
非常に興味深いトーク。

ひとつだけ。
宝塚と宝塚ではないお芝居の幕開きのテンションの違い。
おもしろかった。

確かに、宝塚はいきなりハイテンション、多い。


あと一ヶ月

【カテゴリ】宝塚, 日々
|

7月6日 日比谷 ミーマイ千秋楽

ここでもう向こうの世界に行ってしまうかもしれないが
さらに付け加えた。

切り返して
7月7日 ムラ  星組 
7月8日 ムラ  殉情

戻ってこれるのだろうか。

スミレ募金

【カテゴリ】宝塚
|
0602sumire.jpg
ちょっとピンぼけですが
「社会を明るくする運動」の「スミレ」。

実物を拝見するのは初めて。感激。

友人がムラ遠征の時、
ちょうど予科生の方の日で、1本を、という次第。

一緒に写っているのは、タニさん@SKY STAGE。
歌劇6月号、もう送られてきました。

再び、麹町

【カテゴリ】営業, 日々
|

  0601masaradosa03.jpg ここは

また来るつもりであった。

意図したわけではないが、部屋も同じ。

 

で、

やはりアジャンタのマサラドーサ、

初めての食べ物の写真です。

 

あまりの大きさに驚く。

こんなんだっけか。

わたしの記憶の中のマサラドーサはこの半分。

 

運ばれてきたとき、大きな魚の丸焼きでも出てきたのかと。

テーブルからはみ出している。

マサラは真ん中だけとわかっていてもあせる。

外側のクレープがけっこう硬くて悪戦苦闘。

隣に客がいなくてよかった。

30年分のマサラドーサを食べた感じ。

 

このアーカイブについて

このページには、2008年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年5月です。

次のアーカイブは2008年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

  

たくさんのふしぎ傑作集「トイレのおかげ」 森枝雄司写真・文 /はらさんぺい絵 福音館書店 定価1365円(本体1300円)

Powered by Movable Type 4.27-ja

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近のコメント

Sanpei on 壮さん文四郎、全ツーへ: やったー、ですね。
Fちん on 壮さん文四郎、全ツーへ: 「大」好評てとこが、
Sanpei on 神田明神: どうもありがとうご
りここ on 神田明神: さんぺいさま お誕生
Sanpei on スカステニュース 「春の雪」千秋楽模様: おめでとうございま
りここ on スカステニュース 「春の雪」千秋楽模様: ついに入りました。
りここ on 壮さん、トップ発表: 琥珀。。。とれなかっ
sanpei on 壮さん、トップ発表: 「琥珀」も行きます。
りここ on 壮さん、トップ発表: そうか!じゃあお似合
sanpei on 壮さん、トップ発表: ご無沙汰です。 壮さ